1. ホーム
  2. 太る方法に関する知識
  3. ≫あなたが太れない原因について | 太るサプリNavi

あなたが太れない原因について | 太るサプリNavi

体重を計っているが思ったように体重が増えていない

「たくさん食べても太れない・・・」、「いくら食べても体重が減っていく・・・」。
あなたが太れない原因は大きくわけて2つあります。

  • 太れない原因1.「冷え」
  • 太れない原因2.「緊張」

どんなに頑張って食べても太れないのは、主にこの2つが原因です。

つまり、太れない原因を知るためには。
「冷え」「緊張」の2つの原因を知る必要があります。

太れない原因1.「冷え」について

冷えで凍えている女性

冷えの主な原因は、腸の適切な運動がなされていないからです。

腸が動かないと食べ物が腸内に長時間留まることになるため、食べ物が腐敗発酵して腸内の善玉菌などの腸内の菌環境が悪くなります。

腸内の細菌は食べ物を消化吸収するために住み着いていますので、腸内の細菌が弱まると食べ物から栄養を吸収する働きが弱まってしまいます。

つまり、いくら食事をたくさん食べたとしても、腸内細菌が弱まっている状態では栄養の消化・吸収ができません。

そして消化できない食べ物は腸内で異常発酵してヘドロ状の「宿便」になります。

宿便は腸内にくっつき腸の動きを悪くするため、腸の冷えを引き起こす原因になります。

また、腐敗発酵した未消化物は血液に入り込んだり、中途半端に吸収されて皮膚まで届きかゆみ(アレルギー)を起こしたりします。

いわゆる”腸もれ”という大変危険な状態です。

太れない原因2.「緊張」について

緊張している男性の写真

緊張という状態は自律神経(内臓の働きなどを調整してくれる神経)の交感神経(動く神経)がオーバーヒートしている状態で、副交感神経(休む神経)が活用されていない状態です。

コラム:自律神経について

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類があります。

・交感神経 = 内臓を働かせる神経
・副交感神経 = 内臓を休ませる神経

参考記事
うつ・自律神経失調症うつ病ナビ ココカラ「空腹と交感神経と副交感神経」

ここで重要なのは、太るためには副交感神経が必要不可欠であるということです。

食事はリラックスした状態(副交感神経が活用されている状態)で初めて消化吸収のコンディションが整います。

緊張していると困ったことに、せっかく太ると思われる栄養たっぷりな食事を摂っても消化吸収が妨げられてしまいます。

つまり、太るためにはリラックスした状態になれる食事環境を整える必用があるということです。

常に緊張している方や身体の中にストレスを抱えている方は、消化吸収のコンディションが整っていないためストレスが胃腸にきて栄養の吸収力が弱り、さらに詰まり、だんだんと冷え、コリ、緊張が腸に集中して、ついに痩せすぎになるのです。

また消化できないほどの食事を食べてしまうと小腸がトラブルを起こし、次に大腸に未消化物質がたまって腐敗してストレスが溜まります。

太ろうと思って食べていることが、食事によって太れない悪循環を引き起こす原因になってしまうんです。

コラム:やせすぎで困っている方の印象
  • 冗談を言われても笑えない
  • 焦っている
  • 笑いが少ない
  • いかにも緊張しているのがわかる言動、雰囲気
  • 痩せ過ぎている方の特徴

    電球の光を手の上に乗せている写真

    痩せ過ぎている方には特徴があります。

    やせすぎの方のおなかの特徴
    • へその周りに栄養を運ぶ動脈と腸、膵臓の緊張の反応コリができます
    • 小腸から大腸に至る盲腸部に炭水化物、甘いもののこりができます
    • S時結腸や直腸部分に肉食のコリ、便の詰まった反応などができます
    • おなかは冷えて腫れてむくみがあり、押すと痛みができます。

    やせすぎが進むと冷えた部分と炎症を起こしているところができます

    抑えるとドキドキという脈動が起きるのが特色があります。

    町の部分に身体のナカノトラブルが集約して現れていて、抑えると冷えコリとして感じられます。

    腸自体は非常に長く、小腸は6メートル以上も有り、さらに2メートル以上の大腸があるので折りたたまれるようにしてお腹の中に入っています。

    どんなに運動してもすぐに詰まる構造で、食物と便の異常発酵が起こる場所が腸なのです。

    元気をつけて太るために、まず緊張をとり、お腹の冷え、コリをとる運動は必ず実行することが大切です。

    コラム:痩せすぎの方のお腹の特色

    やせすぎの方のおなかには、ひとつの特色があります。
    それは硬くて押すと痛いということです

    腸の硬さ・コリは食べ物が詰まっているからです。
    便秘、宿便、腸が動かないところが凝ります。

    特に炭水化物は直ぐに反応ができます。胃から腸に至るまでの間の何箇所かが異様に硬い、そして胃の入り口はさらにかたいということがわかります。

    深部でおきているトラブル長に穴があいて未消化物が血液に入り込んで全身にまわるという大変困ったことがおきています。おなかの表面は固くなり腸の反応がでています。

    この記事のまとめ

    • 太れない原因は「冷え」と「緊張」の2つの原因がある
    • 「冷え」の原因は腸の適切な運動がなされていないから
    • 腸が動かないと食べた物が腐敗発酵して腸内細菌が弱体化する
    • 腸内細菌が弱体化していると食べ物の消化・吸収力が落ちてしまう
    • 「緊張」の原因は自律神経の交感神経がオーバーヒートしているから
    • 交感神経がオーバーヒートしていると副交感神経が活用されない
    • 副交感神経は食事の消化・吸収に関わる神経
    • 常に緊張していると栄養たっぷりな食事を摂っても消化吸収が妨げられてしまう

    「太れない原因」についてまとめると以上のようになります。

    ちなみに当サイトでオススメの「健康的に太る方法」に関しては、以下の記事をご覧ください。参考になると思いますよ。

    気に入ったらシェアをお願いします!