1. ホーム
  2. 太る方法に関する知識
  3. ≫太るための食事について | 太るサプリNavi

太るための食事について | 太るサプリNavi

太るための食事の材料の画像

    • 「太るための食事について知りたい」
    • 「太るサプリと一緒に食べたほうが良い物を知りたい」

そんなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

太るためには食事が重要です。太るサプリを飲んだだけでは太れません。

そして痩せている方が太るためには、食事の栄養を吸収する腸内環境を整えることが最も大切です。

太るための食事として、優先的に摂り入れるべき物は腸内細菌を元気にする食事です。
太るための善玉菌を増やすことです。

太るための食事を摂る前に知るべきこと

どんなに太る作用や効果のある食べ物を食べても、腸内が太る環境になっていなければ太ることはできません。
腸内細菌は小さい頃からの長年の食事や運動など、日常の生活の中で作られていくものです。

そのため、いきなり変えることはできませんが、毎日の食べ物で腸内細菌の調整を行う食事に意識をむけていき、だんだんと腸内を太る環境に整えていくことが大切です。

また、身体の中には百種類百兆個の腸内細菌がいて、バランスをとっています。
人間の細胞が60兆個といわれ、細胞よりも多く存在し、重量としても1kg以上あるそうです。

腸内細菌が活発化することで、善玉菌が多く住める状態になり太っていけますよ。
もちろん、毎日の食事が太る作用のある食べ物になることが必用です。

つまり腸内の太る環境が整っていないと、ヨーグルトなどの菌を食べても菌の増殖はせずに腸内を通過していくだけです。
太るための食事を摂る場合は、腸内細菌のえさになり、腸内環境の正常化が早く進む「黄大豆」がオススメです。

一番のオススメは黄大豆|太る腸内環境を整えてくれる

太るための食事で一番のオススメは黄大豆です。大豆を沢山食べることが、血糖値を上げずに太るための基本となります。

特に太る5大日常食といわれる「黄色い食物」は胃の保護、腸の力をつけていく食物です。
太る方向の元気を充実補給していくための基礎となる食物と言われています。

黄大豆は正に黄色い食べ物!浄血作用や血流促進作用があり、太るのにオススメできるものです。
そして大豆に含まれる「オリゴ糖」は腸の善玉菌を増やす働きがあります。

また大豆にはイソフラボンというポリフェノールの一種が含まれていますので、更年期から痩せていくホルモン不調の女性の方には、特におすすめできるものです。

大豆から出来ている納豆もオススメ

納豆にはナットウキナーゼと呼ばれる酵素が含まれていて、血栓予防などに有効です。
ナットウキナーゼは血をきれいにして毛細血管の流れを良くします。

痩せている方で「コリ」や「冷え」を自覚する場合は、必ず取り入れた方が良いでしょう。

でもナットウキナーゼは6時間しか毛細血管の流れを良くしません。
ナットウキナーゼの恩地を受けるためには、毎晩2パックの納豆を食べる必要があります。

また、納豆をのせて沢山のごはんを食べる食事は痩せる元です。
納豆のせご飯の重ね食いは良くありません。

おかずとして、肉・野菜と一緒に納豆ごはんを食べると効果的です。
そして納豆だけでなく、湯葉、豆乳、油揚げなどをうまく取り入れていくことが大切です。

太るためのサポート食は4種類

黄大豆で太るための腸内環境を整えたら、次は太るための食事を食べていきましょう。
太るための食事として、あなたをサポートしてくれるのは以下の4種類です。

  • かぼちゃ
  • たまごの黄身
  • 粟(あわ)
  • みかんの皮

参考太る法則・食養編*132ページ参照

1.かぼちゃ

「かぼちゃ」は、たんぱく質や糖類、脂肪、ビタミン、その他のミネラルなどが豊富に含まれています。美容食としても注目されているものです。

「かぼちゃ」には胃腸の働きを高め太る栄養作用があります。
また貧血、低血圧、に効果があり、喘息体質と虚弱体質の方が食べると元気になりますよ。

「かぼちゃ」は味も甘くて食べやすいし、胃にも優しいです。
毎日の食事に「かぼちゃ」を摂り入れることで、太るための作用が強くなります。

2.たまごの黄身

卵は母乳の次に栄養価が高く、アミノ酸が理想的なバランスで含まれています。
しかも消化吸収が良い食材です。胃腸の弱い痩せすぎの方に役立つ食物です。

卵は色々な食べ方がありますが、コゲて細胞が劣化する目玉焼きや卵焼きのような料理は止めた方が良いでしょう

太るための食事として良いのは「ゆで卵」と「卵を入れた遠赤粥」です
卵の黄身は、半熟がベストで、白身はなるべく食べないこと。

3.粟(あわ)

粟は身体の元気や太るために役立ちます。胃腸と腎臓に良い効果を出します。

粟と生姜の汁を一緒に温めて、おかゆにして食べるのが簡単です。。
さらに粟と山芋を一緒に煮て食べるお粥も効果的です。

粟粥(粟米、羅漢果)や粟米ごはん(粟米)、粟米山薬粥(粟米、山芋または山芋の粉)として食べると効果的です。

4.みかんの皮

みかんの皮は毛細血管を強くして消化を促進し、太るための効果があります。

みかんの実では効果があるとは言えません。
みかんの皮は果実部分とは効能が異なり、胃腸の働きを高めます。

みかんの皮は干して利用するのが良いでしょう。10日くらい陰干しすれば完成です。
みかんの皮をお茶に混ぜて飲む、みかんの皮だけをお茶として飲むということもできます。

まとめ

  • 太るための食事を摂る前に腸内環境を整える必要がある
  • 腸内環境を整える食事は黄大豆や納豆がオススメ
  • 太るための食事は主に4種類(かぼちゃ・たまごの黄身・粟・みかんの皮)
  • 「かぼちゃ」は胃腸の働きを高め太る栄養作用がある
  • 「たまごの黄身」は栄養価が高く消化吸収が良い
  • 「粟(あわ)」は胃腸と腎臓に良い効果がある
  • 「みかんの皮」は毛細血管を強くして消化を促進する

『太るための食事』についてまとめると、以上のようになります。

痩せている方は食事からの吸収効率が悪く、どんなに食べても太れない方が多いです。
まずは太るための腸内環境を整える「黄大豆」を食べてみてはいかがでしょうか。

また、効率良く腸内環境を整えたいなら太るサプリがオススメです。
太るサプリは腸内環境を整えるだけでなく、食事の吸収をサポートしてくれます。

ちなみに、当サイトでオススメの太るサプリに関しては、以下の記事をご覧ください。

気に入ったらシェアをお願いします!